おもちゃ 絵本

"探す"絵本(絵探し絵本)のおすすめ3選 0歳・1歳〜

"探す"絵本(絵探し絵本)は子どもの成長を感じられる

"探す"絵本(絵探し絵本)は、0・1歳ごろから読み聞かせていると、ただ聞くだけだったのが、探すようになったり、わざと間違えてみたり、こちらに探すのを求めてきたりと、子どもの成長を楽しめるのでいくつか自宅にもあると親子で楽しめますのでとてもおすすめです。

大定番!「きんぎょがにげた」

図書館や保育園には絶対にある?!「きんぎょがにげた」。金魚がいろんなとこに擬態しているのを見つけて楽しめる絵本です。文字少なめですので赤ちゃんと眺めるのもいいですね😊色々なところに置いてあるにもかかわらず、自宅にも欲しくなる魅力としては、何度読んでも飽きがこない絵かなと思います。

金魚がおすまし顔に見えてきてとても可愛いです。

「うずらちゃんのかくれんぼ」

タイトル通り、うずらちゃんがかくれんぼしています。こちらはよく病院の待合室などに置いてあり、子どもが「これ読んで〜」と持ってくるので、外出先でしか読んでいないわりに結構読んだ絵本です。うちの子は「きんぎょがにげた」よりこちらが少し難しいようで、よーく探している様子が見られて可愛いです。

Amazonより引用

「ちっちゃなミッケ!」シリーズ

コンパクトなサイズで旅行の移動時間に良いかな?と、購入したこちら。「ちっちゃなミッケ!」です。購入時は2歳3ヶ月でしたが、簡単だったようです。
とても気に入っていて、3歳10ヶ月になってもよく「読んで〜」と持ってきます。長く楽しめる本です。

長く楽しめるのは、写真の情報量が多いからかなと思っています。見つけるもの以外にたくさんの物が写真に写っているので、子どもの知識が増えてくると「自転車だ!」「輪ゴムがある!」「これは何?」と興味が湧く写真集のようなものになっているように思いました。

「のりものがいっぱい」
 「どうぶつがいっぱい」





-おもちゃ, 絵本
-, , , ,

© 2020 kodomo note Powered by AFFINGER5